About us

見よ、兄弟が共に座っている。なんという惠み、なんという喜び。詩編133:1

西神教会へようこそ!

 戸市西区で私たちの活動が始まったのは1990年のこと。まだ現在の会堂もなく、集まった人々も僅かでした。けれども、この20年の間に教会を訪れた方々は、阪神淡路大震災の被災者の方々や地域の子どもたちを含めて数百名に及びます。神戸にふさわしい町の教会へ―地道ながらも地域に奉仕するキリスト教会を目指して門を開き続けています。

 

 キリスト教は聖書に基づいて、救いに至る神の知識をすべての人に伝えます。毎週日曜日の礼拝や週日の諸集会へはどなたでも自由に参加できます。また、子どもたちを対象に開かれる教会学校では常時生徒を募集しています。学校や塾ではまかなえない人生の指針を聖書から学ぶことは、特に子どもや青年たちがこれから社会に参画していく時に大きな力となります。

 

 私たちの教会には一人暮らしをされている年輩の方も多く、健康上の理由で礼拝に出席できない会員もおられますが、信仰の絆で結ばれた仲間たちが互いに気づかい、声をかけあう交わりに支えられています。教会はどうにも敷居が高くて、と感じている方も、どうぞ思い切って門をくぐってください。お待ちしています。

改革派教会とは

「改革派教会 Reformed Church」16世紀、スイスのジュネーブで宗教改革を行ったジャン・カルヴァンの流れを汲むプロテスタント教会で、聖書を神の言葉と信じ、神の言葉によって絶えず改革され続けることを大切にする教会です。また、神の創造された世界の回復のため、社会的責任を自覚する教会です。長老派教会と呼ばれることもあります。世界で改革派の流れを汲むプロテスタント教会はオランダやスイス、南アフリカ、韓国、米国を中心に750以上の教派に及び、互いに交流を持っています。

日本キリスト改革派教会とは?

 946年4月28日に改革派・長老派教会の伝統を受け継ぎ、創立されたプロテスタント教会です。戦前日本の教会の多くは国家に従属し、戦争協力や国家神道儀礼を拒絶することができませんでした。日本キリスト改革派教会は、そうした過ちの反省を踏まえて出発しました。現在は140以上の教会と会員1万名を擁しています。神戸には教派立の教職養成機関である「神戸改革派神学校」があり、内外の教会に広く人材を送り出しています。

西神教会歴史

  沿革

  • 1990年 6月  9日  西区区民センターにおいて土曜集会開始(毎月1回)

  • 1993年 6月20日  西区民センターにおいて主日午拝開始             

  •           9月12日  西神集会所(糀台4丁目10番地55)にて朝の礼拝開始

  •     11月14日  教会学校開始

  • 1995年 7月15日  こひつじ会開始(毎月第三土曜日)

  •     11月13日  西神伝道所開設

  • 2001年 11月23日  新会堂献堂式(糀台2丁目20番地7)

  • 2013年 11月24日  西神教会設立式 

  歴代牧師

  • 1993 ~ 2005年            長谷川潤(板宿教会協力牧師)

  • 2005 ~ 2011年            赤石純也(板宿教会協力牧師)

  • 2011 ~ 2017年7月          牧野信成

  • 2017年8月 ~ 2017年12月  代理牧師・吉岡契典(板宿教会牧師)

  • 2018年1月 ~ 2018年 7月  代理牧師・国方敏治

  • 2018年8月 ~         弓矢健児

yumiyasennsei_edited.png

弓矢健児 牧師

Yumiya Kenzi

1962年岐阜県出身。1985年中央大学法学部卒業。1985-1996年(株)十六銀行勤務。2000年神戸改革派神学校卒業後、日本キリスト改革派新座志木教会牧師、日本キリスト改革派千里山教会牧師を経て、2018年8月より、日本キリスト改革派西神教会牧師。現在、神戸改革派神学校非常勤講師(キリスト教倫理学)、大会 宣教と社会問題委員会委員長、西部中会 世と教会に関する委員会委員、キリスト者平和ネット運営委員、大阪宗教者九条ネット世話人。

牧師コラム

「クリスマスの喜び」

「天使は言った。『恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。』」(ルカによる福音書2章10,11節)

 

 世界で一番最初のクリスマス、それは今から約二千前、ユダヤの荒野で野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた羊飼いたちにまず与えられました。羊飼いたちが夜、羊の番をしていると、突然、主の天使が現れて、彼らに喜びのメッセージを伝えたのです。私たちは、この天使のメッセージから、クリスマスの出来事が、「わたしたちにとって、大いなる喜びである」ということを教えられます。

私たちは毎日の生活の中で、いろいろなことに喜びを見出します。仕事や勉強で自分の努力が報われた時、人が自分を認めてくれた時、喜びを感じます。また、何か自分の好きなことに一生懸命に打ち込んでいる時、私たちは喜びを感じます。しかし、そのようなたくさんある喜びの中で、最大の喜び、一番深い喜び、それが「クリスマスの喜び」だと教えているのです。

 しかも、このクリスマスの喜びは、決して自分一人だけの喜びではありません。また、一部の限られた人々だけの喜び、お金や力のある人々だけの喜びではありません。

ここで天使は「民全体に与えられる大きな喜び」と語っています。けれども、ここで「民」とあるのは、イスラエル民族だけのことではありません。旧約聖書の創世記では、アブラハムの子孫を通して、すべての民族が祝福に入ることが約束されています。ですから、天使が語った「民全体」というのは、まさに、この世界のすべての人々のこと、そして何よりも、今ここにいる、私たち一人一人のことです。つまり、クリスマスの喜びは、神のメッセージを聞くすべての人々、すべての民に開かれている、大きな喜びだということです。

 しかし、クリスマスが、本当にそんな大きな喜びなのでしょうか。社会の中でますます格差が広がり、地域や家庭の絆が薄くなり、年間3万人もの人々が自ら命を絶つという悲惨な現実が続いています。特に今年は新型コロナウイルス感染症の世界的流行、パンデミックによって、私たちの命や健康に脅威を与えています。多くの人々の命が奪われています。また、重症者も増えています。さらに、コロナの影響で派遣切りにあって失業したり、就職が上手く行かなくなり、将来に夢や希望を見出せず、絶望の淵を彷徨っている人も増えています。それでも私たちは、そういう暗闇の現実の中にある世の中で生きている人々に対して、「あなたには世界で一番大きな喜びが与えられている」と、果たして言うことができるのでしょうか。そのような問いが私たちに突き付けられます。しかし、聖書はそれでも「大いなる喜び」を語ることができると言います。いや、そういう苦しみの中にある人々にこそ、神は最初に、「喜び」を与えてくださったのです。それがこの時、天使が伝えた「クリスマスの喜び」です。

 けれどもなぜ、暗闇の現実の中で、私たちは喜ぶことができるのでしょうか。それは、その暗闇の中に真の光である救い主イエス・キリストが生まれてくださったからです。イエスは神の御子、救い主・メシアなるお方です。しかし、そのお方が、家畜小屋の飼い葉桶で生まれてくださったのです。もし主イエスが豪華なお城や宮殿でお生まれになっていたら、イエスの誕生は、あの羊飼いたちに対して大きな喜びとはならなかったでしょう。しかし、主イエスは栄光のメシア、神の御子でありながら、貧しさや、痛みや、苦しみを抱えながら生きている者たちを救い、彼らに喜びを与えるために、貧しさの極み、低さの極みにまで降りてきてくださったのです。だからこそ、羊飼いたちは、天使からこのことを聞いて、心に希望の光を与えられたのです。そして、その後、彼らは「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださった出来事を見ようではないか」(15節)と言って、希望を持って、主の御もとに導かれたのです。

 イエス・キリストの誕生は、現代に生きる私たちにとっても大いなる喜びです。私たちも喜びと希望を持って、主イエスの誕生を喜び、主を礼拝するために、主の御もとに導かれたいと願います。

              2020年12月18日

2020年度西神教会役員

小会  

議長 弓矢健児牧師

書記 高間満長老  

会計・教会学校 松田義人長老 

執事会 

議長 竹内陽子 

書記 松田美緒  

会計 南紀子・木村和恵

アクセス

〒651-2273

神戸市西区糀台2-20-7

Tel & Fax : 078-992-6658

牧師:弓矢健児(ゆみや けんじ)

最寄駅

市営地下鉄「西神中央駅」から徒歩7分

※車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。

HOME

教会紹介

(​改革派とは、教会概要、牧師紹介、教会員紹介、牧師コラム、教会員の声)

礼拝

(​礼拝Q&A、礼拝プログラム)

集会

こども集会

教会と社会 

牧師コラム

​お問い合わせ

Link

Copyright ©︎ 2020 Seishin ChurcAll Rights Reserved. 

2018クリスマス